全負荷型クラウド蓄電池施工しました!

こんにちは! 現場監督です!

先日SHARP SUNVISTA全負荷型クラウド蓄電池の施工をしてきました。

弊社、しつこいようですが・・・蓄電池の施工にあっては

「自社施工です」

営業担当→ワタシ

見積もり担当→ワタシ

施工担当→ワタシと外注電気工事業者

アフターサービス→ワタシ

という施工体制をとなっております。

現在、太陽光発電の10年間の買い取りが終わった、終わりそうなお客様からお問い合わせが殺到しております。

さて、こちらの蓄電池ですが

「全負荷型クラウド蓄電池」

名前チョット長いです一つずつ補足します。

まずは全負荷型

従来の蓄電池では停電時の出力が2kW(ブレーカー1回路分)でした。新しい商品では停電時の出力が最高5.5kWとなり建物全体に電力を供給することができるようになりました。

詳しくはSHARPサイトへ

次にクラウド

蓄電池システムをインターネットに接続、AI(人工知能)と連携して天候や台風、雷などの情報で「蓄電池の充電を自動的に」制御する機能が搭載されました。

詳しくはSHARPサイトへ

さて、情報量がだんだんと増えてきた最近の住宅設備・・・画像だけでは伝えることが難しくなってまいりました・・・そこで・・・

「弊社ついにYoutubeに手を出す」

施工完了した現場の取り扱い説明を動画に収めました。

はじめての取り組みのため噛み噛みやカメラワークの雑さなど・・・

「至らぬところばかりですが・・・」

「大切なのは動画の情報です」

蓄電池設置をご検討されている方の参考となれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください