全負荷型蓄電池の施工研修を受けてきました。

皆さんお久しぶりです。現場監督です。 更新のサボりすぎでした・・・


さて、タイトルの通り全負荷型蓄電池の施工研修を受けてきました。メーカーはシャープです。

全負荷型とは・・・?

従来の蓄電池は停電時100V20A1回路のみ蓄電池出力されていました。これが全負荷型と変わることで・・・



「停電時家全体に電気が供給されます」

よくわからない?ですよね・・・

分かりやすい画像はこちら!

引用元 https://corporate.jp.sharp/news/191002-a.html

「停電時でも普段(に近い)生活ができる」

 わけです、当然容量に制限のあるものですので100%ではありませんが・・・

 施工には電気工事士の資格とシャープ発行の施工IDが必要となります。今日はそのための施工研修なのです。

 まずは講習会会場(シャープ名古屋ビル)に向かいます。最寄りのJR高塚駅から東海道本線(下り)にて豊橋駅にて名鉄に乗り換え。特急も普通も同じ料金というのがありがたいですね。
 で、会場入りする前に腹ごしらえ♪

 名古屋めしの代表選手!台湾ラーメン!! しかも発祥の店「味仙」でランチです。
 本当は激辛大好きなので辛さマシマシの「イタリアン」さらにマシマシの「アフリカン」にしようかなとも思ったのですが今日は控えます(笑

 シャープ名古屋ビルにて施工研修を受けました。
 発売開始は2020年1月の見込みです。お見積り、御相談は弊社までよろしくお願いします。もちろん弊社は・・・

「自社施工です!」

太陽光発電システムを設置しました。~今週のビックリドッキリメカ~

現場監督です、寒いです、さらに風が強いです。

さて、弊社もコラボ参加しているガレージハウス、太陽光発電は弊社にて設置致します。

しかし、今回は規模が規模のため段取り命な現場です。

北棟 モジュール123枚 27kW

南棟 モジュール84枚  18kW

まずは架台の施工、日数はかかりますがこちらは一人でもOKな施工です。

で、太陽電池パネル・・・今回は2棟合わせて207枚あります・・・

通常の規模であれば人力でやるのですがこの規模を人力で行うと2週間ぐらいかかりそうです。

で、今週のビックリドッキリメカ! スカイデッキというレンタル重機を借りてきました!

運用はこんな感じ、最大1トンまでの荷揚げ能力があり作業床もついているすごい機材です。

当然オペレータライセンスも持っております。

この機材を使うと手上げより4倍早く施工できます。

で、施工完了 実際の工程は3日かかりました。初日は午後から雨が降ったため実働2.5日といったところでしょうか?

前回のエクストリームダイエットに比べても体重の変動は穏やかですね・・・

ただ、取り付けボルトの締め付けには電動工具を使用できないので腕がパンパン・・・右腕だけ明らかに太くなりました(笑

 

さて、こちらの重機ですがいわゆる「高所作業車」というものになります。運用には技能講習が必要になります。 ちなみに世界最大の高所作業車は日本製のAT-880Sという機種のようです。

デッキ最大地上高:88m! デッキ最大積載荷重:1t 価格:5億5000万円!!!

一応こちらの機種も運用可能な資格を取っております。

こちらの機種ベース車両が大型自動車扱いとなりますので走行には大型免許が必要です。

なぜか現場監督は大型免許ももっているので資格上はこちらの機種の走行、運用ができるみたいです。