蓄電池日記9月5日

おはようございます、現場監督です(現在5時)

なぜ早起き・・・・・?

誰にも邪魔されない「お勉強の時間」だから、他には?

「HEMSの支配下に置かれたエコキュートの監視」

無駄な時間は過ごしません♪さて、本題

今日は画像なし 2022年9月5日 天気 くもり時々晴

発電電力量 23.3kWh(前日32.7kWh)

売電量 4.4kWh (前日7.6kWh)

自家消費量 18.9kWh(前日19.8kWh)

消費電力量 37.4kWh(前日44.8kWh)

買電量 18.5kWh(ナイトタイム14.3kWh@ホームタイム4kWhデイタイム0.3kWh)

(前日19.7kWh(ナイトタイム14kWh@ホームタイム5.7kWh))

ナイトタイムの充電が若干減りました(60%)HEMSが天気を意識してる感じです。

エコキュートは変わらず早朝に運転、昨日はエコキュートの運転中に放電していましたが今日(9月5日)は放電していません。

動作の感想としては売電を抑えるための余地を確保しつつ買電も抑えてる感じですかね。

HEMSのAIがいい仕事してる感じです

本日の(推定)電気料金 497円

※試算方法 日割り基本料+時間帯別電気量+(総使用量×(燃料調整費+再エネ賦課金))-(総使用量×電化割引)-売電 といった方法で計算しております。

売電分にあっては翌月の電気料金から差し引くシステムとなってるため検針票データとは一致しません。

蓄電池日記9月4日

おはようございます、現場監督です。

発電電力量 32.7kWh(前日31.1kWh)

売電量 7.6kWh(前日11.3kWh)

自家消費量 25.1kWh(前日19.8kWh)

消費電力量 44.8kWh (前日43.2kWh)

買電量 19.7kWh(ナイトタイム14kWh@ホームタイム5.7kWh)(先日23.4kWh)

発電量が増えたにも関わらず売電量が減りました。自家消費量を増やす方向に制御されている様子

蓄電池の状況としてはナイトタイムに70%まで充電(前日は100%でした)といった具合に段階的に蓄電量をコントロールしている感じです。

ダウンアンペアの説明に使えるいい写真ができましたので紹介します。

IHクッキングヒーター全開、オーブンレンジも使って(当然エアコンも)いるときの状況です。

契約容量6kVAをオーバーしても蓄電池が3kW後押ししてくれています。

蓄電池日記9月3日

~僕がダウンアンペアをした理由~

こんにちは、現場監督です。

2022年9月2日 天気 晴れ時々薄曇り

発電電力量 31.1kWh

売電量 11.3kWh

自家消費量 19.8kWh

消費電力量 43.2kWh

買電量 23.4kWh (ほとんどナイトタイム)

データの出し方は今後工夫していきます。

蓄電池の容量の変化です

ナイトタイムに一度100%まで充電、明け方にエコキュートとエアコン、炊飯器ほか調理家電で40%ほど消費した感じです。

システムはAI制御のためのデータ蓄積期間中のため

「余計な手出しをせずに放置します」

天気が良かったため蓄電池は午前中に100%充電10時から15時半までの間の余剰電力は売りとなりました。

夕刻に発電量が低下、蓄電池の電力を19時ごろまで消費、キープ残量30%を残してナイトタイムに充電をはじめた感じの動作です。

さて、過去の日記に契約容量を10kVAから6kVAに下げた記事(メートル器交換)の理由です

基本料金 ¥2,200→¥1,540 毎月¥660支払いが減ります → (゚д゚)ウマー

オール電化住宅の消費電力ピークは朝6時ごろになるかと思います

エコキュート沸き上げ中、炊飯器、IH、電子レンジ、エアコンが同時に稼働する

「一番厳しい時間帯」

なわけです。

太陽光発電、蓄電池がないオール電化住宅の場合 契約6kVAをオーバーする可能性があります。

では、太陽光、蓄電池のある場合は?

電池の残量があれば

「蓄電池から2~4kW出力される」

※現場監督のシステム構成では3kW出力されます

十分な日射があれば

「最大5.5kW出力される」

わけです。ゆえに

「日中最大11.5kW、夜間最大9kW」

使えるというわけです。

なお、ダウンアンペアしなかった場合・・・

「日中最大15.5kW、夜間最大13kW」使ってはじめてブレーカーが落ちる容量になります。

現場監督の自宅では故意にすべての電化製品を最大出力で使用してはじめてブレーカーが落ちる容量なのです。

日記としては飛ばしすぎなので今日はここまで

\( ‘ω’)/祝!運転開始!!\( ‘ω’)/

現場監督の自宅に搭載した蓄電池システム

本日2022年9月2日

運転を開始しました♪

発電して自家消費、残りを充電と売電しています。

なお、写真撮影時の天候は雨 現場監督の自宅には5.5kWの太陽光パネルが乗っています。たくさん乗せるということは雨でも発電するということなのです。

メートル器交換

どうも、運転開始が待ち遠しい現場監督です。

本来蓄電池の運転開始後に行う予定だった作業

「メートル器」を交換します

メートル器・・・普通に言えば電気のメーターのことなのですがね・・・

どうして交換?

電気の契約容量を下げるためです! 10kVAを6kVAに契約変更するための作業を今日行いました。

こうすることで電気の基本料金が2200円→1540円と月660円ダウン!オトク\( ‘ω’)/

と、手放しでは喜べません・・・

電気の「瞬間最大使用量」が6割になってしまいます・・・

なぜ? 今後の日記に理由が出てきます。

整定値 キター(8月10日追記)

どうも、現場監督です、今日中部電力さんから郵便物が♪

太陽光、蓄電池のパワーコンディショナの設定値である「整定値データ」が送られてきました。

中部電力さんへの申請が通ったという意味でもあります。

で、電気工事業者さんから連絡

電気:明日やっちゃう?

監督:ぜひ!

ということで

明日、8月9日運転開始します!

8/10追記 施工中に発見されたトラブルにより運転のめどはたっておりません・・・・

設置工事準備(その他の準備)

どうも、現場監督です、日曜です、休みです

日記とした以上・・

「日曜も更新するべき」

ですかね・・・

「努力します(やるとは言ってない)」

と、休日ではありますが自宅のことなのでセルフ作業します。まずは配線作業用に天井を開口します。

天井を切って点検口にします。本当は大工さんにやってもらいたい作業ですがセルフ作業・・・

さらに蓄電池を設置する部分にコンクリートを打ちます

今回施工する蓄電池ですが簡易基礎を含めて

「150kgぐらいあるので」

コンクリートを打ちました、本当は左官さんとか土建屋さんにお願いしたいのですが・・・

「セルフ作業」

まぁ自宅のことですから・・・

「日曜大工、日曜左官・・・」

「まったく休んでいない週末・・・」

設置工事準備(実は一番大事なところ)

こんにちは♪現場監督です

現場監督ブログ、サブカテゴリ

「蓄電池日記」

をはじめます。

なんと!現場監督の自宅にSHARPの蓄電池システムを設置します!!

蓄電池の施工から実際の運用、電気料金の変化など毎日(目標)こちらで報告、蓄電池導入のお客様の参考になればと思い立ち上げました。

さて、本日の施工

「接地工事」

設置工事ではありません、アースのほうの「接地」です。蓄電池システムには定められた範囲内のアースを複数接続することが求められています。

では最初の一か所 75オーム 合格!

残りの2か所・・・

「激しく不合格・・・」

接地抵抗を下げるように手直しします。接地抵抗を下げるには?

「アース棒は深く!太く!」

ほかにもいろいろなテクニックがあるのですが今回はアース棒を延長する方向で

合格!

さて、接地工事という難しいお話でした。アース棒と聞くと30cm~50cmぐらいのものをイメージされるとは思います。こちらの工事・・・

「2m近く打ち込んでいます」

塗装が上手になりました

どうも、現場監督です。

「どこに頼んだら良いかわからない」

そういった作業をできるところを探すのが現場監督の仕事です。

「それでも見つからない」

(-ω-;)ウーン・・・

「現場監督が挑戦します(震え声 」

とはいえ無理だと思ったことは引き受けないのですけどね・・・

玄関ドアのハンドルです、純正の塗装が剥がれてしまいました・・・

素材はアルミダイカスト、セルフ塗装には不向きな素材です。

まず、古い塗装は取り除きます

剥離剤といった専門の薬剤があります。経験上市販最強の剥離剤は

コレ最強です、どんな塗膜も数分で浮いてきます♪そのかわり「劇薬」です・・・

バイクのレストアなどで人気の高い剥離剤なのでバイク用品店で購入できます。

で剥離、水洗い、ペーパー掛けの工程ののち十分に乾燥させます

完全に乾燥していることが重要なため

「バーナーであぶります」

で、塗装!? いや、アルミに通常の塗装ははがれやすいのです。次は下塗り

塗装の密着させるミッチャクロンを下塗り、コレ、大抵のものを塗装できる

「夢の下塗り剤」

なのです。で、あぶって(またかよ)からスプレーラッカーで塗装をしていきます。

スプレーラッカーの上手な塗装方法は?

1 きれいな下地作り(ミッチャクロンで完璧)

2 待つという心の余裕(重ね塗り乾燥時間は大事です)

3 欲張らない心(一度にたくさん塗るとタレます)

4 自分の腕を過信しない謙虚な心

おおげさだなぁ・・・

で、仕上がりは?

完璧!

おおげさかもしれませんが市販の缶スプレーであってもこの程度まで仕上げられるのです。