蓄電池日記12月31日

あけましておめでとうございます(現在1月1日午前4時30分)

元旦の朝ですが普段どおり進めていきます。

12月31日 天気 晴れ

エアコン18時ごろから朝までつけっぱなし 食事は朝4人昼4人夜4人

※消費電力の参考としての情報です

発電電力量 30.3kWh(前日30.8kWh)

売電量 4.7kWh(前日9.6kWh)

自家消費量 25.6kWh(前日21.2kWh)

消費電力量 48.1kWh(前日42.1kkWh)うち29% 14.0kWhはエアコンによるものです。

買電量 22.5kWh(ナイトタイム17.7kWh@ホームタイム4.9kWhデイタイム0.0kWh)

(前日20.9kWh(ナイトタイム15.9kWh@ホームタイム5.0kWhデイタイム0.0kWh))

※最小計量単位が0.1kWh単位のため合計が一致しないことがあります

カテエネ12/31時間帯別買電量

さて、2日連続で「エコキュート完全昼間運転」を実施しました。

数値化するまでもなく

消費電力が増えただけ

であったことを報告申し上げます

理由は手動で沸き増しを行っていた→完全お湯満タン→ロス多い

といった感じ今の時期は

HEMSに任せたほうが結果は良好

ということが分かりました。

本日の(推定)電気料金 767円(前日677円)

では12月1~31のレポートです 検針日ベースではなくHEMSからの情報なのでブログの内容と一致しません。

発電量 767.2kWh 消費量1056.4kWh 自家消費量499.8kWh

売電量267.4kWh 買電量556.6kWh

太陽光、蓄電池がなければ買電量=消費量となります。

太陽光、蓄電池の電力は@ホームタイムに消費されることがほとんどなので@ホームタイムの金額を当てはめます。

結果

自家消費による効果 499.8kWh×(再賦課 3.45円+燃調12.3円+@ホーム単価25.91円) = 

20,821円

売電による効果 267.4Wh × 8円(プレミアムプラン) = 2139.2

ダウンアンペアによる基本料効果(660円アップ)

12月の太陽光、蓄電池による効果は 23,620円 (11月は18,346円)(10月は15,318円)(9月は17,533円)

この中で無視されている要素ですが

デイタイム自家消費差額(効果アップ要素)

HEMSによるエコキュートシフト(効果アップ要素)

HEMSによる深夜買い日中放電(効果アップ要素)

と効果アップ要素しかありません。

消費電力が増えるほど効果が高くなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください