天井下地の強度試験

 お久しぶりです、現場監督です。

 現在防音工事の現場監督をしております。

 防音工事とは・・・?

 自衛隊飛行場周辺の住宅ではお住まいの「防音性能」をアップする工事をすることができます。

 内容を端的に・・・

 サッシを防音仕様にする

 防音換気扇を付ける(気密性が良くなりすぎるため)

 壁、天井を解体、吸音材、遮音材を入れた壁、天井にする

といった感じの工事です。

 一応公共工事となりますので指定の材料、指定の工法が定められているわけです。

で、今日の作業

防音 天井下地

天井下地の上に吸音材となるグラスウールを敷き詰めます 厚さは100ミリ!

その下に鉛を貼った石膏ボード、さらに石膏ボードを貼って天井を仕上げます。

タタミ1枚分の面積で28キロもの重量を支える天井下地となります、このお部屋は10畳なので天井材の重量は280キロとなります。

 お客様から「強度は大丈夫なの?」 といった問い合わせがありました。

荷重試験(笑

大丈夫です! この写真を見せたら納得してくれました!

※現場監督は80キロ超・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください