不同沈下(建物の傾き)を直しました!

現場監督です、お久しぶりです。

今回は弊社としては珍しい不同沈下の修正工事です。

沈下修正については袋井の市川組㈱さんの施工により行いました。

http://ichikawagumi.com/

施工前現況

店舗入り口の向かって左側の柱が下がり風除室全体が傾いています。

そのためサッシもガタガタ、ガラスもひび割れていました。

さて、着工

柱の廻りの作業スペースを確保するため枕木、砂利を移動させます。

 

柱の廻りをはつります。 準備工事はこれで完了!

さて、市川組㈱さんの到着です。

基礎の下部まで掘って、ジャッキアップ。ミシミシいいながら建物が水平に戻っていきます。

ジャッキアップ完了! 沈まないように処理をして埋め戻します。

さて、これから復旧工事、地盤を締固めワイヤメッシュを入れてからコンクリート打ちです。

 

塗装工には元の色に近い色を作ってもらい塗装

割れていたガラスを交換

傾きがもとに戻った分サッシの調整を行わなければいけません。この部分フロアヒンジといいますが調整したいときはたいてい・・・

調整できないぐらいに腐っています

 

 

もちろん想定の範囲内で部品も用意してあります。

 

フロアヒンジを交換後すぐにモルタルを詰めます。

枕木、砂利を元に戻して工事完了!じゃなかった・・・掃除をして工事完了です。

 

建物が傾いても意外と簡単に直るんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください