玄関ドアのリフォームは1日で工事が完了します♪

現場監督です。
浜松市内で桜が満開になったようですね。現場間の往復もウキウキしてしまいます。
(花見というか平日休んで酒飲んでのんびりしたい・・・)

さて、今日は玄関ドアのリフォームです。
通常サッシのリフォームは・・・

1 サッシ廻りにカッター入れて(ホコリまみれ)
2 サッシ枠を撤去
3 サッシ取り付け
4 サッシ下モルタル、タイル修繕
5 内部枠造作、外部見切り造作、コーキング

 

こんな流れでしょうか?どうやっても完了まで3日はかかります。

でもリフォーム専用サッシには「カバー工法」という方法があります。

今回はlixil(リクシル:旧トステム)のリシェントを使用します。

 

8時半 現場到着

長年お疲れ様でした

9時

サッシ、欄間(らんま)を撤去完了

枠はそのままです。

10時

あらかじめ寸法をとった枠を既存のサッシ枠に取り付け。今回は建物に若干のゆがみがあったため少し小さく作成しました。

15時(お昼休み当然とってます)

いきなり施工完了

既存のサッシ枠は付属の部材でカバーされます。

段差も専用の部材で気になりません

外部はこんな、立派になりました。

今回はお客様の要望で電子錠付き断熱仕様です♪

玄関ドアのリフォーム時に電子錠、断熱などのグレードアップもおススメしております。

当然セキュリティも向上しています。例えば?

ツーロック、ディンプルキーが標準、耐ピッキング性能も向上しております。

さらに、電子錠システムの場合

「万が一ピッキングされた場合20秒以内にもう一つの鍵を開けなければ自動的に鍵がかかります」

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください