リフォーム工事店ですが注文住宅をやります(10)

どうも!現場監督です、今日のブログは?

涼しいけど暑苦しく語る断熱の話です(なんのこっちゃ・・・

建物のほうは順調に進んでおります。

板金屋根の施工が完了! 天気がいいので屋根の表面温度は50℃を超えています。こちらのサーモカメラの撮影日ですが6月23日、夏至の2日後ですので・・・

北側の屋根のほうが温度が高くなっています。なんと64℃ Σ(・ω・ノ)ノ!

では室内は・・・・・?

さっきの50℃超えの屋根の裏面で約26℃

室温とほぼ同じ表面温度です。

これが屋根断熱仕様の効果です。断熱材の厚さと性能もあるのですがもっとも重要なことは?

「熱を捨てる」

ことにあります。

こちらは排熱部

屋根直下の熱を排出しています。こうすることで湿度と熱気の排出をするわけです。

では冬は寒い・・・・?

いきなりぶっ飛んで理科のお話です(おいおい

夏と冬では太陽の高度が違います。ピークは夏至と冬至 ざっくり計算すると以下の数式になります。

夏至の南中高度(度) = 90 - (その場所の北緯) + 23.4

冬至の南中高度(度) = 90 - (その場所の北緯) - 23.4

こちらの現場は北緯35度(おおむねです、細かいと個人情報になりますので)

夏至の南中高度は 78.4度 冬至の南中高度は31.6度になるわけです。

夏の日差しを室内に入れず、冬の日差しを室内に取り込む。断熱、排熱のみならず設計段階でこのような工夫をしているのがこちらの現場です。

軒の出寸法、バルコニー、ガラスの仕様・・・

全て計算済みです(ドヤ顔

ちなみに現場監督の自宅もこのような工夫がなされています。

リフォーム工事店ですが注文住宅をやります(8)

こんにちは!現場監督です。

上棟翌日、雨のため作業は中止。

1日現場をお休みして作業続行します!

まずは気密のため先張り気密シートを貼って・・・

先日組み立てたユニットを乗せます

垂木を組んでいきます。

こちらの建物・・・通常の垂木のサイズは60mm程度なのですが・・・

弊社標準注文住宅仕様は235mmとなっております!

またえらい中途半端な寸法・・・?

この材料実はツーバイ材を使用しているからなのです。

今後の工程に秘密が隠されております。

リフォーム工事店ですが注文住宅をやります(6)

現場監督です。

現場の進行にブログが追い付いていないですが一気に進めていきます!

断熱材を土台、大引(おびき)の間に詰めて床の下地合板を釘で打ち付けていきます。

この工法、面の剛性が強いのも利点ですが・・・

作業性が良い

といった利点もあります。

床下地を作業床にして大工さんが何やら組み立てています。

これだけ見ても

でしかありません。答えは今後の工程に期待してください。ちなみにこの部材

現場監督が3日ぐらい残業して

施工図を書いた部材になります。(おおげさ)

外部先行足場が組まれるといよいよ上棟です。

リフォーム工事店ですが注文住宅をやります(5)

現場監督です・・・

「もう梅雨入りとかカンベン・・・」

気を取り直してブログ更新です。

雨が続きましたね、幸い現場に影響はほとんどありませんでした。

コンクリートの硬化を促すため型枠は3日ほどそのままにしておきました。型を外したら・・・

室内部分の土間(床じゃないところ)に断熱材を敷き込みます。

その上にさらにコンクリートを打って土間を作っていきます。 おや?この物件には広い土間スペースがありますね?

続いては配管工事

「断熱被覆ピンクがお湯、青が水」

これ以上ないくらいのわかりやすさですね。

さて、次は大工さんの登場です。

現場に材料が運ばれます。この材料は基礎の上で柱を受ける「土台」工場でプレカット加工されての搬入です。

現場では組み立てるだけ?

「基本そうです」

意外とカンタン? イヤイヤイヤ・・・

「水平、垂直、直角」

これを確実に施工するのがプロの大工です。

工事中に断熱材が搬入されました。 すごい量Σ(・ω・ノ)ノ!

リフォーム工事店ですが注文住宅をやります(3)

おはようございます。現場監督です。皆さん連休はいかがお過ごしでしょうか?

ちなみにワタシの連休はこんな感じ

さて、現場のほうです

鉄筋を組んでいきます。ここでの現場監督の重要な仕事は「定着長さとかぶり厚のチェック」となります。

定着長さとは?

鉄筋の重ね合わせ部分の長さのことです。単位は”D” 40Dと示された場合は鉄筋の直径の40倍の長さが定着長さとなります。

続いてかぶり厚とは?

引っ張りに強い鉄筋、圧縮に強いコンクリートですが最強の組み合わせになるためには

「鉄筋がある程度コンクリートに埋まっている」

必要があるわけです。

なお、錆びやすい鉄筋をアルカリ性のコンクリートの中に入れることで錆びにくくさせるはたらきも重要な働きです。

潮風、台風、放置といった悪条件トリオの「軍艦島30号棟」

https://www.gunkanjima-tour.jp/gunkanjima/change.html

こちらの建物1916年竣工、100年以上たった現在崩壊が始まっていることを考えるとかぶり厚さの重要性がよく分かると思います。

さて、最近の住宅・・・

「鉄筋マシマシ、モリモリ、パワーアップ競争」

がはげしいです。他社の批判をする気はないのですけどね・・・

そこまで鉄筋が必要なら地盤を疑ったほうが・・・・?なんて思っています。

なお、こちらの現場ですがこれでも「建築基準法に定められた2倍の鉄筋」が入っています。

ちなみに現場監督の自宅の2倍の鉄筋が入っています。

「恥をかかない程度に」

「鉄筋マシマシです」

当然のことですが配筋検査も合格しております。

さて、次の工程

現場にコンクリートポンプとミキサー車が到着

コンクリートを打っていきます。

ある程度コンクリートが固まったらコテで仕上げて作業完了

ちなみにこちらの現場、本日の作業で33トンものコンクリートを打っております。

現場監督の連休

おはようございます。現場監督です。皆様連休はいかがお過ごしでしょうか?

ワタシ、基本おとなしくしていました。

とはいえ現場監督は昔から

「落ち着きのない子」

画像

バイクのヘルメットを新調! さらにインカムも取り付けました。で、誰にも会わない条件でひとっ走り♪

「ツーリング?」

「いや、現場のパトロールしていました・・・」

他には・・・?

庭の4畳半農園を耕したり

犬いじりをしたり

炭火を起こしたり

酒呑んだり・・・

といった過ごし方でした。

画像

なお、現場監督的にBBQのイチオシは「ししゃも」ですかね?

炭火で焼くとなんでもウマイ!

画像

リフォーム工事店ですが注文住宅をやります。

お久しぶりでございます。現場監督です。弊社このたび・・・・

注文住宅を受注いたしました!!!

リフォーム工事店に新築を依頼するメリットは?

・多数の修繕をこなしています。どういう住宅がトラブルを起こしやすいか知り尽くしています。

・数多くのリフォームで「住まい手の不満」を解決してきました、今までの経験を新築に盛り込みます。

大きくはこの2点に尽きるところでしょうか?

全集中の呼吸で(笑 進めて参ります

まずは地盤調査

弊社では「表面波探査法」による地盤調査を標準としております。

基礎仕様がベタ基礎を標準としているため「点」の測定ではなく「面」の測定を重要視しています。

建築確認を取ったのち着工、まずは・・・・

掘ります

掘った下の土質など重要なチェック項目でもあります。この作業「根切り(ねぎり)」という作業です。

こちらの現場

「ある注文仕様」

のため一部が深くなっています。今後の進行をお楽しみに♪

細かいことですが・・・「得意」です。

お久しぶりです現場監督です。

コロナウイルス広がってますね・・・ 割と近くの店舗で感染報告があったり・・・

「じわじわと現場監督に迫ってきております」

 最近自己警戒レベルを上げて帰宅後「イソジンうがい」をしております。

さて、最近ステイホームが長いのか修繕依頼が多く舞い込んできております。

まずは戸車!

雨戸の戸車がガタガタ・・・ 即日対応しました♪軽く静かになってお客様も大満足

浴室引き戸の戸車

これも即日対応! びっくりするぐらい軽くなりました。

さらに!アンテナ支線張り替え!

コーティングされたワイヤーですが錆びてボロボロです、てか切れてる・・・

倒れると屋根を破損しかねない危険な状態です。

張り替え!シャキーン(`・ω・´) ステンレス線!

これらの工事ですがワタシ「現場監督」の単独施工です。

こういった作業。実は「現場監督」が行っております

「どこに頼むか微妙」

なものであるほど得意だったり

全負荷型クラウド蓄電池施工しました!

こんにちは! 現場監督です!

先日SHARP SUNVISTA全負荷型クラウド蓄電池の施工をしてきました。

弊社、しつこいようですが・・・蓄電池の施工にあっては

「自社施工です」

営業担当→ワタシ

見積もり担当→ワタシ

施工担当→ワタシと外注電気工事業者

アフターサービス→ワタシ

という施工体制をとなっております。

現在、太陽光発電の10年間の買い取りが終わった、終わりそうなお客様からお問い合わせが殺到しております。

さて、こちらの蓄電池ですが

「全負荷型クラウド蓄電池」

名前チョット長いです一つずつ補足します。

まずは全負荷型

従来の蓄電池では停電時の出力が2kW(ブレーカー1回路分)でした。新しい商品では停電時の出力が最高5.5kWとなり建物全体に電力を供給することができるようになりました。

詳しくはSHARPサイトへ

次にクラウド

蓄電池システムをインターネットに接続、AI(人工知能)と連携して天候や台風、雷などの情報で「蓄電池の充電を自動的に」制御する機能が搭載されました。

詳しくはSHARPサイトへ

さて、情報量がだんだんと増えてきた最近の住宅設備・・・画像だけでは伝えることが難しくなってまいりました・・・そこで・・・

「弊社ついにYoutubeに手を出す」

施工完了した現場の取り扱い説明を動画に収めました。

はじめての取り組みのため噛み噛みやカメラワークの雑さなど・・・

「至らぬところばかりですが・・・」

「大切なのは動画の情報です」

蓄電池設置をご検討されている方の参考となれば幸いです。

HP復旧

現場監督です、今日は現場に関係ないお話です。

「ごく一部」の人に役立つかもしれないので覚え書きという意味合いが強い記事です。

 弊社ホームページ レンタルサーバー上にWordPressにて設置、ブログ等簡単に更新できるように「5年前」にリニューアルしました。

作成は?デザインは?

「自社施工です!」

 なんと、「自社施工のHP」なのです、担当(特にデザイン)は事務スタッフにやってもらって完成サーバーへのアップなどは現場監督が行いました。

 じつはここ数日弊社ホームページが・・・

「落ちていました」

 さて、今日の記事需要が微妙ですが原因と対処方法を残しておきます。

原因

PHPのバージョン更新→WordPressデータベースとの不一致→エラー

wp-config.php 編集したい → FTP不調 → FTPソフト替えてチャレンジ → めでたし

端的にまとめるとこのような感じですが実際は3日かかっていました・・・

ということで弊社エラーページをご覧になったお客様

「弊社は健在です!」

「ご安心ください」