こどもみらい住宅支援事業が始まりました(補助金)

国土交通省所管「こどもみらい住宅支援事業」が始まりました。

一定の省エネ性能を有する住宅の新築(持家)や一定のリフォームで補助金がもらえる事業です。

「こども」だから、我が家には関係ないかな?と思った方!

リフォームに関しては全世帯が対象となります!

◆こどもみらい住宅支援事業とは

子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、子育て世帯又は若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や、住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、子育て世帯又は若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

◆補助対象となるのは
【注文住宅の新築】建築主は子育て世帯又は若者世帯※に限ります。
【新築分譲住宅の購入】購入者は子育て世帯又は若者夫婦世帯※に限ります。
【リフォーム】発注者の世帯は問いません。

※ 子育て世帯とは、申請時点において子(令和3年4月1日時点で18歳未満、すなわち平成15(2003)年4月2日以降出生の子)を有する世帯。
若者夫婦世帯とは、申請時点において夫婦であり、令和3年4月1日時点でいずれかが39歳以下(すなわち昭和56(1981)年4月2日以降出生)の世帯。

◆補助額は
【新築】性能に応じて最大100万円

※以下の図はこどもみらい住宅支援事業HPより

 

【リフォーム】最大30万円(子育て世帯・若者夫婦世帯は最大60万円)

※1申請あたりの合計補助額が5万円未満は補助申請できないのでご注意ください。

 

主な対象リフォーム例と補助額 ※抜粋

①開口部の断熱改修(面積による)
・ガラス交換(1枚あたり2,000円~8,000円)
・内窓設置・外窓交換(1箇所あたり14,000円~21,000円)
・ドア交換(1箇所あたり28,000円~32,000円)
など

③エコ住宅設備の設置
・節水型トイレのうち掃除しやすいトイレ(19,000円/台)
・節水型トイレのうち上記以外のトイレ(17,000円/台)
・高断熱浴槽(24,000円/戸)
・高効率給湯機(24,000円/戸)
・節湯水栓(5,000円/台)
など

④子育て対応改修
・ビルトイン食器洗機(19,000円/戸)
・掃除しやすいレンジフード(10,000円/戸)
・ビルトイン自動調理対応コンロ(13,000円/戸)
・浴室乾燥機(20,000円/戸)
・宅配ボックス(10,000円/戸)住戸専用の場合
など

⑤バリアフリー改修
・手すりの設置(5,000円/戸)
・段差解消(6,000円/戸)
・廊下幅等の拡張(28,000円/戸)
など

⑥空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
冷房能力に応じて(19,000円~24,000円/台)

 

詳しくは弊社へお問い合わせください。
弊社はこどもみらい住宅事業者に登録しております。

こどもみらい住宅支援事業HP
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください