現場監督ブログ

フソウ・メンテナンスの代表の上床佳輝です

仕事の内容は営業30%現場監督30%職人30%・・・残りの10%で経営やっています♪

現場監督ブログです。

新築住宅の「YouTube見学会」を開催します

お久しぶりです。現場監督です

ワタシの監督した「リフォーム会社の注文住宅」です、当初完成見学会を予定していました・・・

コロナのバカヤロー!!!!

と、いうことで「YouYube見学会」を開催します。

慣れないカメラ、動画編集、最初から足りないセンス、パワー不足のPCなど・・・

立ちはだかる障害の数々に立ち向かい!

本日堂々のアップロード!!!

なお、便宜上「バイクガレージ」と呼んでいる部分ですが対象のバイクの規模により建築基準法上の「自動車車庫」には該当しない仕上げとなっております。

ブログ上の公開はショートバージョンのみとなります。フルバージョンには施工編、断熱編、照明編が追加されております。

視聴ご希望の方はメール、弊社公式SNSのメッセージ機能などによりお問い合わせください。フルバージョン視聴用URLを返信にてお伝えします。

現場監督のひと工夫♪

おはようございます!現場監督です!

さて、今回の依頼

「店舗駐車場の鉄骨にクルマがぶつからないようにしたい」

現場監督:承知しました(`・ω・´)ゞ

塩ビ管に白テープをぐるぐる・・・次に黒テープをぐるぐる・・・

鉄骨の躯体からワイヤーで固定します。

で、注意表示!

「鏡文字!」

こうすることでミラー越しに見たときに読める文字になるわけです♪

ペットドアの後付けをしました

どうも、現場監督です

今日のご依頼は?

お客様:この子のためにペットドアを付けてほしい

現場監督:承知しました(`・ω・´)ゞ

なお、ペットドア本体はお客様からご支給いただきました

お気に入りのおもちゃを使って通行訓練をします。

成功!\( ‘ω’)/

弊社ではペット対応リフォームからキャットタワー組み立て、犬小屋オーダーメイドなど

「大喜びで引き受けます」

社長以下スタッフ全員イヌネコ大好きですので♪

ちなみに現場監督過去に・・・

農業用ネットにからんだ野良猫を救出しようとして

その猫に噛まれて12針縫う大ケガをしたことがあります

それでもイヌネコ大好き(震え声・・・

リフォーム工事店ですが注文住宅をやります(12)

お久しぶりです(汗

現場監督です・・・

2か月放置大変失礼しました

こちらの注文住宅

「すでに完成しております」

現在外構工事を行っております。

本来であれば完成見学会を行いたいのですが静岡県内

「緊急事態宣言発令中」

につき見学会を中止しました。

しかし!Youtubeという素晴らしいものが!!!!

現在内覧動画編集中です!お楽しみに♪

リフォーム工事店ですが注文住宅をやります(11)

4週間放置です、やばいです・・・

しっかりと現場は進んでおります。

大工さんが内部造作、外壁屋さんが外部サイディング貼りを始めると

現場監督の仕事はほとんどありません

個人的に「単純進行」と呼んでいたりします。

現場監督はゆっくりのんびりしていた・・・・・・????

他の現場に追われていただけです

では上棟から1か月現場の様子です。

外部ではサイディング貼り

内部ではフロアー貼り

壁、天井の順に石膏ボードを貼っていきます。だんだんと間取りが見えてきましたね♪

そして、住宅で一番難易度が高い部分・・・

階段

の施工をしています。

こちらの階段「とある部分」のチェックだけは確実に行います。

リフォーム工事店ですが注文住宅をやります(10)

どうも!現場監督です、今日のブログは?

涼しいけど暑苦しく語る断熱の話です(なんのこっちゃ・・・

建物のほうは順調に進んでおります。

板金屋根の施工が完了! 天気がいいので屋根の表面温度は50℃を超えています。こちらのサーモカメラの撮影日ですが6月23日、夏至の2日後ですので・・・

北側の屋根のほうが温度が高くなっています。なんと64℃ Σ(・ω・ノ)ノ!

では室内は・・・・・?

さっきの50℃超えの屋根の裏面で約26℃

室温とほぼ同じ表面温度です。

これが屋根断熱仕様の効果です。断熱材の厚さと性能もあるのですがもっとも重要なことは?

「熱を捨てる」

ことにあります。

こちらは排熱部

屋根直下の熱を排出しています。こうすることで湿度と熱気の排出をするわけです。

では冬は寒い・・・・?

いきなりぶっ飛んで理科のお話です(おいおい

夏と冬では太陽の高度が違います。ピークは夏至と冬至 ざっくり計算すると以下の数式になります。

夏至の南中高度(度) = 90 - (その場所の北緯) + 23.4

冬至の南中高度(度) = 90 - (その場所の北緯) - 23.4

こちらの現場は北緯35度(おおむねです、細かいと個人情報になりますので)

夏至の南中高度は 78.4度 冬至の南中高度は31.6度になるわけです。

夏の日差しを室内に入れず、冬の日差しを室内に取り込む。断熱、排熱のみならず設計段階でこのような工夫をしているのがこちらの現場です。

軒の出寸法、バルコニー、ガラスの仕様・・・

全て計算済みです(ドヤ顔

ちなみに現場監督の自宅もこのような工夫がなされています。