風呂フタの重さの違いにびっくり!

我が家のお話。

もうすぐ築13年になりますが、お風呂のフタの傷みが激しくなり、いよいよ交換することにしました。
横のゴムがベロベロ。

今までのフタは断熱仕様ということもあり、かなり重く・・・
初めて量りましたが、なんと2枚で7kgもありました。

入浴中、3点の風呂フタフックにフタが上手くはまっていなかった時もあり、思い切り頭に落ちてきたこともありました。痛かった・・・
※ただし、家族に聞いたら入浴中に落ちてきた被害は私だけだったらしい。

今までのフタはこちら。

重さ 2枚で7kg
時には3点フックから落ちてくることも。危険・・・

新しいフタ、その名はTOTO「ラクかるふろふた」

本当に軽い!
2枚で2kgでした。

この軽さなら、どなたでもフタの開閉やお手入れも苦労することなくできるでしょう。

みんなにやさしいって大事なことですね。

新しいフタはこちら。

重さ 2枚で2kg
軽い~♪

ただ、フタがメーカーでの受注生産品ということもあり、値段がかなり高めなのがツライところです。

が、家族の入浴時間の幅を考えると、やはり断熱仕様は捨てられません。
断熱効果はバツグンです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください